★何処へゆく?時代の目撃者たちよ


『音楽誌DOLL』が来月号で廃刊になる。
最初にその話を耳にしたのは、先月の博多でのライブ後の打ち上げの場だった。
あまりの突然のニュースは、COBRAのYUICHIとの会話の中。彼は8/9のイヴェント「PUNK LIVES」の主催者としてプロモーション活動をする中、DOLL編集部から聞いたと言う…。

それでも信じられない!信じたくなかった俺は翌日の帰京直後、クラブ・ザ・スターの松尾さんに電話をした。松尾さんに聞いてみたかった。
松尾さんは、知っているのか…?とも思った。
電話後、「今、東京に来ているから、これから会おうか!」と松尾さん。
博多から戻ったばかりだったが、渋谷で待ち合わし、いつものBARで会うこととなる。

俺達は"世間が軽々しくホザく「時代は変わる」"ということを踏まえながらも、パンクロックシーンの当事者として、今日(こんにち)現在の我々の思いを語り合った。

重くシリアスな一時(ひととき)だったが、俺は、その夜、松尾さんに会えたことを感謝する。

そして翌日、DOLLの創始者である森脇美貴夫さんに電話をした……。(つづく)


流星的メロディー→THE SMITHS / HOW SOON IS NOW?

18. JUNE 2009


[9]一つ前へ戻る

[0]TOPへ戻る