1985年 ボーカルのイワタを中心として東京で結成される。
  1987年 メンバーだけの自らの手によるファースト・ソノシートをリリース。渋谷ラ・ママ、新宿ロフトを中心としてこの年、精力的に活動する。
  1988年 春、クラブ・ザ・スターとマネジメント契約。ファースト・アルバム"HERE' THE STRUMMERS"(30cm LP)を発表。同時に初の全国ツアーも展開。これによってザ・ストラマーズの名も全国的なものとなる。
  1989年 クラブ・ザ・スターより2ヵ月連続でシングルをリリースする。全国ツアーの成果か? 2作連続でインディーズチャートの初登場第1位に輝く。これによって3ヵ月連続でチャートの1位2位をザ・ストラマーズが独走する。夏、渋谷ラ・ママにて"レコード発売記念2デイズ・ギグ"を開催。秋、クラブ・ザ・スターより1stアルバム"HERE'〜"と2枚のシングルからオリジナル・ナンバーのみを収録したCD"ランニング・オン・ザ・ワイルド・サイド"を発表。これもまた、3ヵ月以上に渡ってインディーズ・チャートのトップを独走する。
  1990年 2月、徳間ジャパンと正式契約。ロンドンレコーディングによるメジャー・ファースト・アルバム、シングル"STAND AGAIN"を発表する。同時に新宿パワーステーションを皮切りに全国40ヵ所以上のツアーを行う。
  1991年 ニューヨークレコーディングによるメジャー2ndアルバム"MAXIMUM ROCK 1991"を発表。これにともないチケット代を10ドルとする全国ツアー"10's TOUR"を決行する。
  1992年 再びロンドンレコーディングによる3rdアルバム"理由なき世代"を発表。同時にこの年も全国30ヵ所以上に渡る全国ツアーを決行する。
  1993年 川崎クラブチッタでのライブを完全収録した初のライブアルバム"SHOUT&SHOUT"を発表。
  1994年 ニュー・メンバーによる新宿ロフトのライブにて新曲等5曲を収録したミニアルバム"STYLE 1994"を無料配布する。
  1995年 3年ぶりのオリジナルアルバム"TOKYO JESUS"をクラブ・ザ・スターよりリリースする。
  1996年 "TOKYO JESUS 1996"と題して久々の全国ツアーを行う。同時に"無料カセット配布ギグ"や久々の2曲入り7inch SINGLE "WELCOME SCUM/FLY"をニューアルバムより先行リリース。
  1997年 オリジナルとしては第8作目となるニューアルバム"AGILE&FICTION"を2月にリリース。同時にTHE STAR CLUBと共に3月から4月にかけて全国ツアーを決行。7月、ホームグラウンドとも言える新宿ロフトにて多彩なゲストを迎えクラブ・ザ・スター・ナイトを開催。また春からのシリーズ・ギグとも言える"who the fuck is the strummers"をツアーも含め、連続して開催し続ける。
  1998年 イワタの初出演作"喧嘩愚連隊"(東映Vシネマ)が春にリリース。5月30日は結成13周年というスペシャル・ライブ"tribute to The STRUMMERS 1985-1998"を開催。6月にはオリジナル第9弾となる"EXILE"をリリース。
  2000年 夏、HOT&COOLのギター・オオグチ、同じくHOT&COOLのベース・カネヤが加入。冬、新曲1曲とニュー・レコーディング2曲を含むインディーズベスト盤"SPIRITS OF FUCKIN' STREET"をリリース。
  2001年 冬、新メンバーでの待望の新作"LIFE, MOMENT, PUNK ROCK SONG"をリリース。
  2002年 3月に"LIFE〜"CD発売記念ライブを行う。8月31日新宿URGAで"一夜で歴史を見せましょうか!?"と題してワンマンライブを決行。
  2003年 1月、ワンマンライブを収録した初のライブビデオ"ONE NIGHT, ONE LIFE!"をリリース。ドラム・セイイチロウが正式加入。2月にジョー・ストラマー追悼イヴェントをイワタプロデュースにて新宿ロフトで開催。ソールドアウトとなる。同時に追悼シングルをリリース。6月、オリジナルフルアルバム"ALL WE CAN OFFER"をリリース。11月にはソニーレコードのV.A."THE CLASH TRIBUTE"に「COMPLETE CONTROL」で参加する。ジョー・ストラマーの命日12月22日には下北沢SHELTERで「SPIRITS OF JOE STRUMMER CONTINUE!!!」を企画。これ以降毎年行う。
  2004年 2月〜4月下北沢シェルターにてVS形式のマンスリーGIGを行う。7月、STRAIGHT UP RECORDSよりリリースのV.A./GANGSTERS GALOREに新曲「青の条件」、新録「BACK TO THE STREET」で参加。同じく夏、クラブイベント「ROCK★A★SPEED」のV.A./ROCK★A★SPEEDに「SPIRITS OF FUCKIN' STREET」で参加。8月7日下北沢シェルターで“20-1”と題してワンマンGIGを行う。夏、遂に自らのレーベル『STRUMMERS OFFICIAL PRODUCT』を設立。第一弾作品として3曲入SINGLE "TOO FAST TO LIVE, TOO YOUNG TO DIE"付き初の写真集"SOUL FLORISTS"をリリース。年末には夏のワンマンGIGを収録したLIVE DVD "ATTITUDE "をリリース。
  2005年 “イワタの生まれた街”静岡でのGIGを皮切りに、ザ・ストラマーズ結成20周年の節目として2月に新宿LOFT2DAYSを行う。同じく2月、徳間ジャパン時代のBEST盤「THE BASEMENT ROCKERS "BEST of The STRUMMERS '90-'92"」がBONUS DVD付きの2枚組でリリース。3月、「反逆者のすべて。」をNEWアルバムの先行シングルとしてにリリース。2年ぶりとなる待望のアルバム「STRUMMER ROCK」を6月15日にリリース。発売記念ツアーファイナルを渋谷クアトロで行い、その模様を収録したLIVE DVD「COUNTER SONGS」を11月にリリース。
  2006年 6月、THE MODSトリビュートV.A."THE MODS TRIBUTE SO WHAT!! Vol.2"に「GANG ROCKER」で参加。7月に名古屋SONSET STRIPで完全ワンマンGIGを決行。8月9日ミニアルバム「WILD ROMANCE」をリリース。また、8月20日に渋谷CLUB QUATTROにてリリース記念のワンマンGIGをおこなう。